redred.jpg

2009年10月21日

加藤和彦さんに合掌


加藤和彦さんに抱いてきた僕のイメージと言えば、
先取り感覚、遊び心、おしゃれ心とそのセンス、
媚びない心、きれいなメロディー、
優しい笑顔や語り口…。
そんな感覚を合わせ持った音楽人、
憧れの大人、でありました。

ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」なんて
今でも最高にいかした日本語のロックンロールだと思うし、
「家をつくるなら」なんて、CMソングとしても大好きでした。

最近の日本の音楽シーンにはもう飽きてしまって、
あのタイムマシンに乗って
行ってしまったのかも知れないですね。
残念です。
合掌。

 加藤和彦/家をつくるなら
posted by Manager's follower at 10:08| Comment(0) | DEN's murmuring | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
サイズ変更IMGP00.jpg